ユメうつつ

気まぐれ日記。または週記。もしくは月記。下手すると年記。    たまにRO記。もしかしてMSNF記?

スポンサーサイト

Posted by きみ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会見学

Posted by きみ on   0 comments

今日は太極拳の交流大会(だったかな?)とゆーのがあった。
もちろん私は出ないけど、先生が出ると聞いて行ってみた。
なにげに初・大会見学・・・。
大会は午前中から夕方までだけど、先生が剣を夕方にやるってことで、お昼を家で済ませ午後から行ってみる。

着いたらまぁ人の多いこと。
会場の外でおさらいしてる一団もいたり(笑
出場者4000人と聞いてはいたけど、県の、しかも出る人だけで4000・・・多くない?w
太極拳人口って結構あるんだなぁとかちょっと感心。
とかいう私もその一番外っ側にいるわけだから、私みたいなのが多いってことなのか(笑

出場者グループは県内のあちこちからいっぱい来てて、多いのはやっぱりおばさんかなぁ・・・。
おじさんもいたけど。女3:男1くらいの割合か。
とりあえず中高年が中心。

広い体育館なので1曲で数グループが基本(写真[1]
1グループずつ演目が違うし、陣形やら向きに工夫を凝らしてる人たちもいたりしてなかなか面白い。
X字形に並んでるグループ、W型、円陣・・・。
衣装もおそろいの着てたり、それぞれ別なの着てたり・・・。
見た目にも賑やか。

多いと100人以上が一度に同じ動きをしてるんだけど、やっぱり自然と上手い人に目が行くもので・・・。
あの人姿勢がきまってる~とか、ぉ~あの人はドンジャオ(片足で斜め前を蹴り上げる動作)してもフラフラしねぇ!なぞと妹と話しつつ観覧。



定番は白の衣装  みんな違うのをやってると誰を見るか迷う  ブン!
[1]                [2]                [3]



一通り終わったあと、指導員の演武、ナントカ大会(ぉ)出場選手の演武。
さすがにみんなうまっ!

中に一人30過ぎくらいの男の人がいて(写真[2]の右手前、白い衣装の人)、この人がメチャメチャうまかった。
ビッシビシに決まりまくり。
明らかに周りと違う。目で追ってしまう・・・。
「あの人TVでやる大会とかに出場してそー!」なんて興奮しながら見てた。
選手紹介を聞いてたら武術太極拳のなんたら大会の埼玉代表選手だとか。
納得。
この人はいくつも演武をしてて、中には1mくらいあるでっかい曲刀(太極刀というらしい)を持って、もう1人の人とチャンバラっぽいのも(写真[3][4][5]
実戦のように間合い計ってたり斬りつけたり。
まぁ演武だから体には当てないけど。避けるかたまに切り結ぶ。
その切り結んだときにはガチンと金属音が響いてきたりして・・・。
マジ重そう;
何分かのそれが終わったあとも別の演武のために控えてたけど、かなり息上がってた・・・。

ちなみに写真、ブレブレ_| ̄|○
演武の邪魔になるんじゃないかとフラッシュたかなかったもんだから速い動きを捉えられてない・・・無念;



超長い刀なのがわかるかなぁ・・・  全身フルに使って動いてます
[4]                [5]



長拳っていうすごいアクティブな・・・それこそカンフーっぽいやつの演武はなかなか派手派手しくて面白かったし(とあるグループは棍で超速度の打ち合いしてたりそりゃもう色々。写真[6][7][8])、48式、88式、扇、陳氏太極拳小架式とかも見れたし、すごい楽しかった。
扇が意外に見栄えのするものだったなぁ(失礼
白い衣装に赤くて大きい扇はすごく映えてたし、開いたり閉じたりの「バサッ」って音がいい感じw ナイス効果音w(違

とにかく今日は生で色々見れてちょっと感動。
途中カメラの存在忘れてた(笑
それに私の親よりずっと年上な感じの人たちがあれだけやれるのがすごいなぁと思った。
出場者の中にはものすごく腰の曲がったおじーちゃんもいたもん。
私もがんばろ。



一番若者受けしそうなタイプ?  1チームが同時に色々  びしっとな
[6]                [7]                [8]




そうそう、先生の32式剣も見れたしw
先生のチームは、午前中にやったっていう24式でナントカ賞をもらってた。
午前のも見ればよかったかもwww

帰りはお昼までのあったかさが嘘のように寒くて参った。
強風でひーこら言いながら自転車こいで帰りましたとさw

スポンサーサイト

太極拳と太極剣

Posted by きみ on   2 comments

ネットでちょっぴり調べてみたら、太極拳の先生が新しく教えてくれようとしてるのは「32式対極剣(たいきょくつるぎ)」といわれてるものっぽい。
○○式とゆーのは動作の数を表してて、この場合なら「32の動作で作られた、剣を使った一連の動作」ってことになるのかな。

とここで32式太極剣の動画をはりつけてみる。
探してみると結構ヒットするんだけど、見てると「あちゃちゃ;」と思うのもチラホラ。
(目だけは肥えてます・・・
んでうまいなぁと思った動画が↓


ようつべには 「太極王子」陳思坦 と書いてあって、つい「太極王子ってなんやねんwww」と笑っちゃったのです。
が、実はこの人、“世界武術選手権大会男子チャンピオン”とかなんだそうな; ヒィ;
笑ってゴメンナサイ。
でも“1990年北京アジア大会競技大会太極拳チャンピオン”って王子な気がする・・・。
自分の目だけにはちょっと自信を持ったけど(笑

そんで、私が教わったのは最初も最初、この動画だと00:30のところまでなわけで;
・・・うひょ!時間にしてまだ1/6!w 動作の数だとその半分くらいかもww
先はなっがいなーと思うけど(覚えるだけで1年くらいかかる気がする;)、剣を使うってなんか新鮮で、結構わくわくしてたり。


私が普段習ってる24式太極拳ものっけてみる。
↓同じく太極王子。


足が!太極王子足がつえぇぇぇぇぇぇぇ!;
あれだけ片足に全体重乗せても上体が微動だにしない・・・おそろしや;

・・・気を取り直して。
一般的に太極拳を始めるとなるとまず24式になるらしい。
8つの動作の入門編もあるけど24のがポピュラーっぽい。
上の段階には48式やら88式も・・・。
ちなみに私らは初心者なので、こんなに足上げたりしゃがみ込んだりはしません;
というかできません;
「無理はだめよ」ってことでもっとゆるーくやってます。


あぁ~改めてこういうの見るとまだ登山口だなぁ;
いつかもうちょっといい景色のとこまでいけるのかのぅ;

Posted by きみ on   4 comments

太極拳を始めて4年目・・・(多分
今年に入って、剣を握りだしました(`・ω´・ ;)
前から「そのうち剣もやってみましょうね」と言われていたんだけど、新しい人が加わると一番最初のところから練習するので、必然的に立ち消えに。
しかーし、このあいだ先生が模造刀を持ってきて見せてくれたことから、実際に剣を持って動いてみることに。

中国の刀というとなんとなく幅広の曲刀を想像してしまう私だけど、太極拳で使うのは両刃で細身の直刀。
先生の模造刀は長さが・・・90cmはあるかな?くらい。
小さめの鍔と、柄の端っこには紐が下がってて、その先に房がついてる感じ。
模造刀とはいえ充分凶器です・・・。結構重いし・・・。
とそれはおいといて、私たちが使うのはもっと軽い剣。
もうちょっと玩具ちっくな、釣竿のように伸縮するやつ(笑
伸ばすとやっぱり90cmくらいの長さで、房もついてる。
その房。ただの飾りだと思ってたら実は、振り回したときに敵をはたいたりするらしい・・・。
敵に切りつけたあともそのままじゃ動かせないから、先ずぐりぐりするなんていうのが剣を持った一連の動作に入ってるそーな・・・;
うーん、こわい;;;


軽い物なんだけど、ずっと片手で持って腕を上げてると結構疲れるもので;
太極拳では今まで下半身を重視でやってたし、普段しない動きで肩が凝ること(笑
剣を持ってないほうの手も、ずっと剣指っていうチョキの指をくっつけた形をキープキープ。
私はチョキだのピースだのするときに、小指か薬指のどっちかが逃げてしまう癖があるので、2本ともしっかり捕まえておくのが難しい(・ω・`。)
長い物を持つ分バランスのとり方も変わってくるってことなのですが、これから慣れていくですよ!
腕も使うけど重心が全部片足に乗ることも多くなるそうなので両方強化せねばー;

『太陽の刃、海の夢』

Posted by きみ on   0 comments

久しぶりに面白い小説読んだ気がする。
自分がこれ好きだなーと思えたSF?ファンタジー?小説。

『太陽の刃、海の夢』

『太陽の刃、海の夢 少女大陸

とゆー柴田よしきの本。
ただ「少女大陸」ってサブタイトル(?)はどーかって気が;

前に書いたシリーズもこの人の本だったんだけど、こういう小説が最近私は好きらしい。
軽くSFでちょっとジュブナイルっぽい感じ?
ぶっ飛んだSFじゃなくて、現在と地続きの未来の話。
結構分厚い新書で1週間くらいかかって読んだかな。

これは前読んだシリーズなんかと違って、宇宙を冒険したりとかは全然ない。
主人公が暮らすのはとても閉じた世界で、しかも女しかいない・・・。
後半は普段の著者らしさが感じられるエグイ展開もあったり;
この人得意のドロドロしたエグイ小説って実はあんまり好きじゃないから、読んだ本は10冊いかないくらい。
でも去年読んだララ・シリーズとかこの本みたいなのは好き。
普段と違うのは、ある意味著者のルーツっぽいものを振り返って書いてるかららしい。
ララ・シリーズは思いっきりジュブナイル、この本は終末SFを意識してるとか。
私としてはもっとこういう本書いてほしいけど・・・、そうやって書いてるなら量産はされなさそうで残念。
なかなかないのにね、こういう本。

実際、ララ・シリーズを読んだあと、こんな感じの本って他にもどこかにないかなってずっと探してたんだけど、「こんな感じの本」で探すのってかなり大変。
“SF”とかジャンルで探してもヒット数が多すぎて、1つ1つ雰囲気とかまで調べてくなんて無理!
とりあえずそっちは諦めて、ダメ元で「同じ著者なら似たような本がないかー?」って探して見つけたのが今回の本。
やっぱりこんな感じのが好きだから他にもあれば読みたいなぁ。
どうやって探したらいいんだ・・・;

っていうかこの本!
続編書けそうな気がするんだけどな~。
書いてくれないかな~;

珍しくハイペース更新

Posted by きみ on   0 comments

ROに入ったときにSCのSSを撮ってきたので、プリの記事にSCについてを追記。
これはちょっとSCのスキル配置修正を検討したほうがいいかもしれない、と、しみじみ思った次第。


あとは秘密の買い物ブログが楽しかったり。

わーい

Posted by きみ on   2 comments

20080208154103
まだこんな雪の塊がっ。
乗って踏み踏みしていたら妹に「何してんの」とつっこまれた。
声が冷てぇ……雪より冷てぇよ(つД`)

いまさらな話

Posted by きみ on   0 comments

ほんっと今更なんだけど。
Backstreet Boysって4人になってたんだね・・・。
4人しかいないCMやらCDジャケットとか何度見てるはずだと思うんだけど(・ω・`。)
'NSYNCあたりとメンバー数の認識間違えてたのか?;
しかも脱退したのってケヴィンさん・・・。
これはちょっと残念。

コアなファンには怒られるかもしれないけど、BSBの他の4人の声ってよく似てるんだよね;
ちょっと違うケヴィンさんの声好きだったんだけどなー。
なんかやわらかくて。落ち着く感じで。
普通に曲聴いてても、ソロ部分で「この人の声いいなぁ」って思うの全部あの人の声だった。
見る限りの本人の雰囲気もなんか好きだったな。
これからBSBの新曲聴いてもあの人の声聴くことはないのかぁ・・・。



いまさらついでにもうひとつ。
関東のラジオ局でbayfmってのがありますが。
てっきり神奈川の局だと思ってた_| ̄|○
千葉のラジオ局だと知ったのはつい数日前・・・(ぉ
考えてみたら神奈川にはFMヨコハマがあった(・ω・`。)

うは

Posted by きみ on   0 comments

今し方私の1m前を田中マルクス闘り王が!!(りの字がわからん;
でけええええ。
とりあえず追い越しておいた(ぉ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。