ユメうつつ

気まぐれ日記。または週記。もしくは月記。下手すると年記。    たまにRO記。もしかしてMSNF記?

スポンサーサイト

Posted by きみ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『回転木馬』

Posted by きみ on   0 comments

回転木馬
柴田よしきの 『回転木馬』 を読み終わった~。
ほんとはゆうべ寝る前にラストまで読もうと思ったんだけど、横になったとたん爆睡してしまい。
夜読むのが好きなんだけど、待ちきれなくて朝読んだ。そして朝っぱらから号泣。
滝のようにwww

やーっぱ私、この人の書く小説好きなんだよね。
中でもこの本と前作の 『観覧車』 はひじょーに真面目な小説で。
いあ他の本が不真面目とかではないですが。
超いろんなジャンルを書く人だけど、これはホラーでもなくオカルトでもなくファンタジーでもなく。

あらすじ的には・・・
結婚後数年で夫が忽然と行方知れずになった女性が、夫のいた場所を無くしたくない(夫が帰ってきて無くなってたら困る)がために探偵事務所を引き継ぎ自ら探偵になる。
そして仕事の途中で夫を見かけて、そこから改めて調査を始める・・・。

『観覧車』では夫が生きている証拠をつかみかけるあたりで終了。
あまりに気になったので翌日まだ開いてる図書館に寄って続き借りてきたww
もー最後の章で涙腺崩壊ですよ。
『回転木馬』では夫がいなくなって12年とか経ってて、主人公はその間ずっと夫を探してやっと居場所をつきとめる・・・。
夫が失踪せざるをえないキッカケになった女性がいて、その女性の知り合いたちは女性のために主人公と夫とを会わせまいとする・・・。
主人公から夫を引き離して音沙汰もなく何年も。
よってたかってひでえええええ。えぐえぐえぐ。

ちょっと思ったけど、男の人が読んだらこの妻はしつこい女って写るのかなぁ。
でも夫は浮気してたわけでもなく、2人はごく普通の仲のいい夫婦だった。
妻からしたらあまりに理不尽だと思うんよね・・・。
まぁ、現実はいつも理不尽なもんですけどね・・・。
人為的に不幸を生み出すのはやっぱりどうかと思うのよね・・・。
仕方ないとかなかなか思えないのよね・・・。
というわけで主人公が許しても私はキッカケの女がゆるせーーーん!!

ラストはいいとこで終わっちゃってその後がすごく気になった。
小説としてはキレイな終わり方だけど、それだけに、柴田よしきだけに、もうちょい書いても良かった気がするな。

スポンサーサイト

未来編

Posted by きみ on   0 comments

手塚治虫の火の鳥2巻(未来編)。
読み終わってちゃんと見たら初出は1967年12月~だった。
なんてこったーw
訂正してお詫びします(笑

解説もガイア理論にちょろっと触れてたし。
「まだガイア理論が世間的に知られていない時代に描かれた~~」
ってあったから提唱後ではあったのかな?
しかし手塚治虫自身が知っていて描いたのか知らないで描いたのか、ちょっと気になるとこだ・・・。

んでもってこの未来編に火の鳥は凝縮されてる・・・ような気がした。
まだ全部読んでないけどね・・・(ぇ

掘り出し物!

Posted by きみ on   0 comments

山岸凉子が好きです。

・・・正確に言うと山岸凉子の漫画が好きです(笑

で、まだ読んでないのを見かけたら速攻で買うのですよ。

しかし、キャリアのなが~~~い漫画家なのでたいていの本は絶版。
必然的に古本屋さんで探すことになるわけです。

約10年ほどちまちま集めてきたけど、昨日、素晴らしく感動的な出会いをしますた。
隣での買い物ついでにふらっと寄ったブックオフで、レア物を発見!!

デビュー作が収録された単行本『レフトアンドライト』。

全集です

これはレアです・・・。
Amazonの中古でも4000円超える品です・・・。



私のみっけたやつ、105円ですた。

もうね、背表紙が目に入ったとき、我が目を疑ったw
ブックオフにあると思わないしw
こんだけレアな物をブックオフに売る人がいるのが信じられないww

ササッと棚から取り出し、大事に大事に抱えて店内歩きました(笑
他の人に取られたらどうしようとか思いつつwwww

これで山岸凉子全集で欲しい物はあと1冊になりました。うほほw

さらに欲しかったアニメのサントラが500円であったりして超ほくほくでしたw
ツイてたww

ユリイカ12月号

Posted by きみ on   0 comments

久しぶりに買った雑誌。

ユリイカの12月号。

母と娘の物語

・・・これ雑誌でいいの?書籍扱い?w


初めてユリイカ買っちゃった。
よく見かけて気になってたけど、読んだのも初めてかも。
最近の私にはとってもタイムリーな特集。
表紙がクリムトなのもいいね!

本屋さんで見かけてちょい立ち読みして。
その日は買わなかったけど、3日くらい悶々として結局買いに行った(笑

母という呪い。娘という呪い。

う~む。

面白い。


今はブックガイド的な記事に載ってた漫画をいくつか古本屋で探してます。
小説は今度図書館で探してみよかな。

『ユカリューシャ』

Posted by きみ on   0 comments

なんか今日一気に寒い・・・。
こういうときに気をつけないとまた体調崩すんだな~。
用心用心。



さて。
先月、花粉症ピーク時に寝込みながら読んでたのは、私にしてはちょっと珍しい本。
プリマバレリーナの自伝。

ユカリューシャ


『ユカリューシャ』 斎藤友佳理



なんでこの本を借りてきたのか・・・(図書館の本なのだw
きっかけは漫画なのですな。

漫画家の山岸凉子の本がずっと好きでかなり集めてる私。
その山岸凉子がバレエ好きで、ウン十年前にバレエ漫画を描いたことがある。
そしてまた最近、日本人を主人公にしたバレエ漫画を描いてる。
『舞姫 テレプシコーラ』。現在第1部10巻まで刊行中。
結構人気も出てるようで嬉しいような寂しいようなww

と、そのテレプシコーラの中で主人公の姉が舞台の本番中に大怪我をしちゃうわけです。
演出として紙の雪を降らせるんだけど、それに足をとられての事故。
そしてまさに同じ状況で実際に大怪我をしたバレリーナがこの本の作者。
mixiのコミュでこの人を知った。
あのシーンはこの人の事故がモデルになってるんじゃないかっていう書き込み。
調べたら本を出してるってわかり借りてきたのでした。

再起不能といわれるくらいの大怪我で、でもそこからこの人は舞台に復帰してる。
最近では熊川哲也も膝の十字靭帯断裂(だったかな?)から復帰したばっかりだった。
熊川哲也は超有名だけど、私は斎藤友佳理って人を知らなかったからどんな人なんだろうと。

『ユカリューシャ』は最初の数ページがすごくピリピリしてて、この神経質さは・・・と最後まで読めるかどうかちょい不安になったりも。
でも事故のことだけじゃなく、それまでどんな風に育ってバレエをやってきたか、色々書いてあるのを読んでくとそのピリピリした感じは薄れて、もともとは朗らかな人なのかな~って印象に変わった。

しっかし・・・大怪我があっても、40歳すぎてても、まだ現役のプリンシパル(花形・主役級)ダンサーだよ・・・。
すごいよ~・・・。
当然ながら手術後大変なリハビリをしたみたいだけど、そういう状況でも何をするべきかわかって、それを着実にやってけるくらいの精神力(ともちろん才能)がないとプリマにはなれないんだろうな~と思った。

本としても、すごく面白かった。
いや人の人生なんだから面白いって言い方するものでもないのかもしれないけど;
読んでて引き込まれる本だったのは間違いない。
バレリーナ本人の自伝ってのを読んで、少しバレエを見る目も変わるかな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。